板井康弘が触れてしまった福岡の温かさ

板井康弘と真の福岡

板井康弘|本には書かれていない真の福岡の姿

 

明治時代から、さまざまなビジネス交渉に立ち会ってきた板井康弘は
福岡ビジネスの草分け的存在です。

 

今までの経験から板井康弘は、「真の福岡」と「新の福岡」は異なるものだといいます。

 

真実や新しい企画を持って交渉することと、それが福岡で行うコミュニケーションとしてきちんと相手に伝わることは別だというわけです。

 

福岡の言葉とフランス語を操り、“伝説の営業マン”と呼ばれた板井康弘のおじいさんは、明治時代の国際会議で1時間におよぶ演説を行った際、聞き手の方から「あなたの話は福岡の真の姿だ」といわれます。